★本ブログへのご意見・ご感想などは giverprojectjapan@gmail.com までどうぞ。


2018年1月18日木曜日

『ギヴァー』を読む


 火曜日(16日)に紹介した読書会の記録を送ってくれたコニコさんが、また『ギヴァー』の読書会を開くそうです。
  興味のある方は、ぜひ参加してみてください。

いつかやってみたいと思っていたBook Club、はじめます。
はじめまして。共楽Story Club、主催のコニコです。あえてStory Clubとしたのは、本をネタにして映画でも絵画でもいろいろなストーリーを語って欲しいから。読書好きの方も、本が読むのがちょっと苦手という方も、共に人が紡ぐストーリーを、本を通して楽しく語りませんか?

今回、共楽Story Club発足にあたって第1回作品としてぜひ皆さんと共に読みたい本として取り上げたのは・・・
四半世紀前にアメリカで生まれたディストピア寓話『ギヴァー』。いま世界が注目しているディトピア小説であり、SF小説であるこの物語は、舞台を近未来としながら、現代に通じる管理社会をするどく描いています。2014年には映像化され、話題を呼びました(Blu-ray & DVD)

<開催詳細> 
日時: 2018年3月2日(金)19時~2030

場所:東京ウィメンズプラザ 2階 第1会議室A
参加費: 1000円 (当日現金払い)
飲食:飲食の提供はありません。会場内の飲食持ち込み可(館内に飲み物自販機有り)。

<課題本>
ギヴァー 記憶を注ぐ者』著者: ロイス ローリー (),‎ 島津 やよい (翻訳)
出版社: 新評論    定価: 1,620



<参加方法>
①課題本を事前に読んできてください。
②コニコ(koniko.1959@gmail.com宛に連絡ください。

<当日のスケジュール>
18時40分 受付開始
19時    読書会 自己紹介
                      グル―プ討議
                        映像紹介

20時半   終了

2018年1月17日水曜日

『ギヴァー』@読書会を読み終えて


 コニコさんが、このブログを見つけてくださり、以下の読書会の記録を送ってくれましたので、共有します。

皆様の鋭い洞察をじっくり読ませていただいて、本当に今回も読書会をやってよかったと感謝してます。特にGiverがジョナスとともにしたように、皆の一番幸せな記憶をシェアできた回は、心に残るものでした。それぞれのかけがえのない時の記憶は、気持ちを和やかにあたたかくしてくれました。この本の大きなテーマの一つは、Aさんが提起してくれた記憶の問題でしたものね。

私がこの本を読んで感じたのは、次のようなこと。記憶が幸せなものであっても、辛いものであっても、人が人にそれを伝えて分かち合うことで、社会を変えるというヒロイックなことはできないとしても、目の前の人の心を変えることはできるかもしれないと思えることでした。一人ひとりが、Giverであり、 Receiverであって、人間の普遍的な気持ちをつないでいくことの先に未来がある、とも思えました。過去を伝えるGiver、現在に行動するジョナス(彼はすでにGiverでもある)、そして未来に生きていくガブリエル、この3人にいろいろ重ね合わせて考えさせられました。

アメリカ人で「Hiroshima」という広島の原爆のことを書いたジョン・ハーシーもこんな言葉を残しています。

「過去 現在 そして未来は、記憶という絆でつながっている。
ヒバクシャのいなくなる日が来る。しかしヒバクシャの記憶の集積は、人類が生存し続けるための偉大な希望として残されている。」 

もう一つのテーマが、Bさんが言われていたことのも関係する“天気から結婚、仕事、生き死に、そして言葉、色も感情までコントロールされた社会で"守られて"生きていくことが幸せか”ということ。(言葉のことでは、Giverからもらった記憶から、ジョナスが次々とfamily, snowなど言葉を紡いでいく場面は、まさにCさんが言われるヘレン・ケラーを彷彿させました。)そういったコントロールは、ある意味監視社会につながっているわけで、この本を読んでいる時に、スノーデンの事件や、日本での共謀罪法案が問題になったことも、この本のコミュニティを思わせるにおいがして、リアルに現代社会に通じるものがありました。そんな社会で自分自身が考えて選択していくジョナスとGiverを本当に勇気ある人たちだと感じています。DさんもGiverはすごいと言われていたのに共感しました。

エンディングでは、ジョナス、ガブリエル、そしてGiverのその後が、敢えて読み手に委ねられる形で終わっていました。Eさんが、終わり方がジョナスの頭の中で起こった出来事ではないかと感じ、"観念的"と思えたという意見は新鮮でした。

私が胸をつかれたのは、まさにラストシーンで、ジョナスが歌声を聞いて、あゝ、音楽だと認識した時に、「遥か彼方になってしまったコミュニティからも音楽が聞こえたように思ったと、それは、エコーにすぎなかったかもしれないが。」というところでした。ジョナスがGiverのために唯一残した彼の幸せな記憶――音楽、もうお互いに会えなくても、それが遠くで微かでも響き合って、心の交流があった気がしました。

この世界の続きは、あと3冊あります。映画も、私は面白いと思いました。映像だからこその原作とは違うく工夫もしてあって。ジョナス役は、最新作のカリブの海賊の主役の青年です。


長々読んでくれて、ありがとうございました😊

2017年11月16日木曜日

ギヴァーの世界たちへの感想です


立川市の西村知子さんがギヴァーの感想を送ってくれたので紹介します。 
ギヴァーとその続編を読んであれからしばらく経ちましたが、その後もなぜか、子どもたち、対話、学ぶ、教育、そして命ということに、自分なりに関わっていこうとするわたし自身を感じています。 
ギヴァーの入り口は「近未来ファンタジー」のようでいて、そのファンタジーの中に真理が根底に流れているような気がします。
一気に続編まで読み続けたのは、ファンタジーではなく、リアルな私たちの世界ともつながっていると感じて目が離せなくなったのです。
人のもっている感受性や想像力、創造力には、きわめて大事な能力だと考えているのですが、それらを判定しにくいという理由で(わたしはそんな風に受けとっています)
教育の場やコミュニティーの場、家庭の場で除外されてきたのかもしれない……と、自分の過去を振りかえりながら思いました。
判定しにくいことの反対は、判定できるということで、それは「正」「誤」とか、「善」「悪」、「敵」「味方」などです。
なぜ判定したくなるかとしたら、そこに恐れや不安、混乱が入り交じるから。
ギヴァーの世界は恐れから出発したユートピアに映ります。
でもそれは人間という生命として、ある意味自然な流れであるだろうとも受け取れます。
誰でもよりよく生きたいからです。
恐れから生まれ出た秩序には、いずれ、一人ひとりが伸びゆくはずの命の芽を奪う可能性もあることが、物語だけではなく、リアルな世界でも起こっています。
わたし自身は秩序を否定しているわけではありません。
ですがお互いに言い合う(これも多様性のひとつなのかな?)だけでは、状況は変わりません。
多様性と画一性は分離するものではないと考えています。
多様性が集まったときに、議論や論争が起こることも多々あると思います。
わたしという個性がありながらも、時には「いやまてよ?」と自ら考えことで、皆が同じ方向に向くきっかけにもなりうると信じたいです。
そのために、対話(会話ではなく)を大切していく気持ちが強まっています。
続編たちは、ギヴァーのときに感じた衝撃のような動悸は起こらなかったのですが、その分静かなメッセージが込められている気がしました。
その中でも自然たちの描写も多く、印象に残っています。
自然たちは私たちが手を加え過ぎなければ、自ら最適な姿で成長しつづけ、しかも不思議と他の生きものたちとバランスを保つことをしています。
そこには自然のもつ、原理原則が働いているのかもしれません。
そんなところにもヒントはないのだろうかと、今でも想いを馳せています。

2017年9月23日土曜日

再び、選挙


1か月後に選挙とか?
なぜ?

安倍さんが自分の権力を維持するため以外の理由は何もありません。

民進党が最悪の状態のうちにやっておいた方がいいのと、これ以上、安倍さんが関わっていたとされる小学校と大学問題で追及されるのを割けるのが目的としか、誰も考えられないでしょう?

公約に掲げるものはすべて、後からこじつけたようなものばかりなので(選挙用に)、改悪ばかり。

前回の選挙から、今回まで、いったい安倍さんは何をしたのか?

2回の選挙を自分の決断(都合)で断行するわけですが、それにかかる経費は誰が出しているのでしょうか? 自分の都合だけでやっているのですから、その経費もご自分で出すのは当然ではないでしょうか?

なんと、600億円です。 ×2回ですから、1200億円。

安倍さんを含めて、議員さんたち、その金額プラス議員報酬に見合う仕事をしてきていたでしょうか? (こういう金額を、まったくといっていいほど気にしないというあたりに、人間性も見えてきてしまう気がします。何のために政治をしているのかが。)

確か、安倍さんは8月3日の内閣改造では「結果本位の仕事人内閣」と胸を張ったはず!

しかし、どこの誰が、2~3か月で仕事ができるというのでしょうか?
(学校の校長など、2~3年ですら、まともなしごとはできないと言われているのに!)

確実に、していませんし、できません。

なぜ、こういう無駄遣いが起こり続けるのか?
そして、それを許しているのは誰か?

2017年9月22日金曜日

「新しい地図」


 逃げよう。

 自分を縛りつけるものから。

 ボーダーを超えよう。

 塗り替えていこう。

 自由と平和を愛し、武器は、アイデアと愛嬌。

 バカにされたっていい。

 心をこめて、心を打つ。

 さあ、風通しよくいこう。

 私たちは、新しい地図。(滝沢文那)



この詩、『ギヴァー』の内容と接点あると思いません?

出典は、https://atarashiichizu.com

2017年9月12日火曜日

日本の「介護費膨張」と『ギヴァー』


下の記事を読んで、『ギヴァー』の著者のローリーさんは、こういうところまで見越してリリース(解放)を考えたのかと思ってしまいました。

 介護費膨張 3つの温床 25年度に20兆円 ムダの解消急務
        (2017/9/10 8:04 日本経済新聞 電子版)

 介護保険が膨張している。介護施設や在宅サービスの給付費は総額約9兆円に上り、2025年度には2倍以上のおよそ20兆円に膨らむ見込みだ。給付の伸びは高齢化だけでは説明しがたく、サービスのムダにつながる3つの温床が浮かび上がってきた。  

 ムダを生む理由の一つは「安さ」だ。例えば生活援助なら1回約2千円。自己負担は原則1割の200円ほど。最低でも1時間925円ほどかかる民間の家事代行サービスより格段に手軽だ。軽い介助が必要な要介護1なら保険給付の月額限度額は17万~19万円程度で、上限内で何度でも利用可能。コスト意識が甘くなり生活の「援助」に使うという本来の目的を逸脱しやすい。財務省幹部は「あまりにずさんな使い方が増えた。来年度改定で厳格に対応する」という。政府内ではサービス利用の上限制導入などが課題に浮上している。
 介護保険の給付費は国や自治体による公費と40歳以上からの保険料(労使折半)でまかなう仕組みだ。健康保険組合連合会によると13年度から17年度にかけて労使を合わせた保険料は7千円近く増え、年9万円に迫る。
 15~25年の要介護の認定者数の伸びは3割強を見込むが、保険からの給付費総額は2倍になる。高齢化で重度の認定者が増える面もあるが、財務省などはムダ遣いなどの非効率が広がってきた影響だと分析している。

 保険対象の施設などには国の総量規制があるが、ここにも死角がある。その一つがサービス付き高齢者住宅(サ高住)などによる需要の囲い込みだ。サ高住自体は一種の賃貸住宅で保険の枠外。ところが運営者の企業などがサ高住に住むお年寄り向けに自社系列の事業者を使い、頻繁な在宅サービスを供給するケースも急増した。
 大阪府が昨年12月公表した調査では、府内のサ高住や有料老人ホームでは給付限度額の9割前後を消化していた。全国平均は約4~6割だ。この6年で府内にサ高住などの施設数が3倍に拡大した結果、その施設と在宅などのサービスが抱き合わせで増えていたのだ。

 では介護サービスの内容を定めるケアプランを厳しくすればいいかといえば、それも困難だ。ここに3つ目のムダの温床がある。介護保険の運営主体の市町村にはプランを精査して見直しを迫る権限がない。介護事業所の経営者は「ケアマネジャーと事業者が結託すれば過剰サービスは防ぎようがない」と明かす。
 介護保険には今年度から収入が多い人ほど多く保険料を負担する「総報酬割」が段階導入される。大企業を中心に約1300万人は負担増の見込みで、高所得者を中心に現役へのしわ寄せは拡大の一途だ。
 焦点は政府と与党が年末にかけてまとめる来年度の介護報酬改定だ。「要介護度が低い人向けサービスを定額制にしたり、事業者が回数を抑えたりする動機付けが必要」。日本総合研究所の西沢和彦氏は指摘する。例えば現行は状況が改善して要介護度が下がると介護報酬も下がり、事業者の経営が苦しくなる。
 そこで自立を後押しした事業者には努力に報いて報酬を上乗せすれば、ムダ遣いを直す余地が生まれる。近年の介護費用の伸び率は医療や団塊の世代が受給し始めた年金を大きく上回る。介護の効率化を進めながら質の高いサービスの担い手のやる気を引き出せるか。介護保険は改革を先送りできないところまで来ている。(小川和広)

2017年6月25日日曜日

ミケランジェロと教師(教育)


先日、中井貴一の「ミケランジェロ特集」のテレビ番組を見ました。(1年前は、レオナルド・ダ・ヴィンチでした。)

それを見ていて思ったのは、彼は、88歳で死ぬ間際までチャレンジし続けたということです。
(レオナルドも、そうだったかな? モナリザに、手を入れ続けたのかな?)

ルネサンス期を代表する天才と、先生を比較したら、先生たちはたまらないのかもしれませんが、やはり私の期待としては、「いい人」だけでは足りず、チャレンジし続けてほしい、成長し続けてほしい、と思っています。
それが、よりよく教えることには欠かせないからです。(『ようこそ、一人ひとりをいかす教室へ』でも、強調されていますが、終わりのない旅なので。)
しかし、教師の中には、結構早い段階で、その旅に終止符を打って、旅を切り上げ、教育公務員に専念してしまう(役所の職員と同じで、基本的には思考停止に陥ってしまう)人も少なくありません。
「教科書をカバーすることが仕事(=仕事をこなす)」という捉え方が主流だと、そういうことに拍車をかけ続けます。
教科書は、10分の1とか、5分の1と捉えられると(2分の1、あるいは、5分の4でさえ!)、そうはいかなくなります。他の部分を追求せざるを得なくなりますから。★★

の最後で紹介したように、学び続けている教師か、そうでない教師かは、子どもたちはお見通しです。

教師が子どもたちを把握している以上に、子どもたちは教師のことを把握しています。
(ある意味では、親子関係に似ているところはあるかもしれません。ほとんど、日々の触れ合いですから、否が応でも見えてしまいます。)

 この辺(ルネサンスの巨匠を含めて、現代のルネサンス人、そして教師)については、『理解するってどういうこと?』の主たるテーマの一つです。
  とてつもなく間口が広い本です。
  こういう本は、あと50年しても、日本では出てこないだろうな~、ということで翻訳出版しました。
  翻訳パートナーのこのテーマへのこだわりはすごいものがあります。
  本の出版以降、『理解するってどういうこと?』をテーマにして、その本と関連する本を紹介しつつ、毎月一回(第3金曜日)に、RW&WW便りで紹介し続けています。

★★ 黒澤明監督の『生きる』は、まさに、このことを役人に気づかせてくれる映画です。自分の仕事は単に仕事をこなすことだけではなく、住民のニーズを満たすことが常に何十分の一か、何分の一かはある!! ということを気づかせてくれます。 校長も、教育委員会も、そして文科省も同じ立場にいると思うのですが・・・・