★本ブログへのご意見・ご感想などは giverprojectjapan@gmail.com までどうぞ。


2017年3月19日日曜日

私たちは常に選択している!


大地震と津波、そして原発事故は、「常日頃私たちが当たり前と思っていることが、実は当たり前ではないんだ」「他の選択肢もあり得るんだ」ということを考えるまたとないチャンスを提供してくれた、と書きました。

個人的には、その前からも、7年経たいまも同じ気分でいるのですが、日本人の多くは先日紹介した安倍さんのように記憶の中から消し去っています。(それは、すでに震災1年後ぐらいから起こりつつあったことのような気がします。) 経済成長路線以外に考えられないという選択のもとに。(経済成長路線というのは、どこかに必ず迷惑 ~確か、経済用語では「外部効果」といったはずです。プラスの場合もあり得ますが、マイナスのもののほうが多いですし、しかもそれは見えにくいという難しさもあります。さらには、時差もあります~ を撒き散らすことになります。)

ジョナスの行動も、もちろん選択の結果でした。


2017年3月13日月曜日

消し去っていい記憶 と 消し去ってはまずい記憶


記憶は、ギヴァーのテーマの一つです。それに関連して・・・

<福島知事>安倍首相式辞に違和感 「原発事故」文言使わず

国レベルと地域レベルの捉え方の違い??

原発推進派の安倍さんとしては、自分の記憶からはもちろん、国民の記憶からも原発事故は早く消し去りたいことなのでしょうが、福島県民をはじめ、それはあり得ないと思っている人は少なくありません。
福島県の事情は、他の被災地域に比べて、あまりにも違いすぎます。
それを、「東日本大震災」で全部同じ扱いにしてしまっていいのかというと、そういうわけにはいかないわけです。 
あくまでも、「大震災+原発事故」のダブルパンチなわけであり、後者の方が大きいのです。前者は天災だったのに対して、後者が人災だったという大きな違いもありました。
   
全国で、いまだに数十人の福島出身の子どもたちが原発事故を理由にいじめに合い続けているという被害も報じられました。同じことが、宮城や岩手の子どもたちに対してあったとは聞いたことがありません。子どもたちが犯しているこの過ちは、大人社会を映し出している鏡のように思います。子どもたちは、それを感じとってしまっているだけで・・・  
 <原発事故6年>牛舎に生きた証し 空腹乳牛が柱かじった跡 のアプローチとは対照的です。



2017年2月10日金曜日

「現代とはどういう時代か?」


友人から、
「現代とはどういう時代か?」「現代人の精神世界はどうなっているのか(何にどう影響を受けているのか)?」というテーマの本が読みたいです。オススメがありましたら、教えてください。
というメールをもらいました。

私の反応は:
トランプやブッシュ(父息子)が大統領になってしまうような状況ですから(半分は支持していますから)、悲劇的な時代であり世界です。(これは、アメリカの話ですが、現代の一部には変わりありません。)
日本は、自民党を支持するのが3分の2近くいるところです。(というよりは、それ以外の選択肢が提供されていない世界!)

何にどう影響を受けているのか? メディア。とくに、テレビではないでしょうか? 最近は、SNSも。
いずれも、自分では考えない、思考停止をもたらす媒体です。
日本は学校で、従順であることや、言われたことを大人しく聞くことを学び、学校以外でもその延長線上でメディアが存在しますから、極めて操作しやすい社会をつくり続けています。
「自ら考えて、判断して、行動する」という人間本来の機能を無視して。

推薦の本は、正直のところ思い浮かびません。
逆に、○○さんがリストアップした本を教えてほしいぐらいです。

石原 慎太郎の『天才』は、入るかもしれません。(私は読んでいませんが!)
あるいは、雑誌の文春を見れば、そういう本が見つかるかもしれません。

ちなみに、当選以来マスコミを賑わしている小池都知事ですが、東京オリンピック問題にしろ、築地の豊洲移転問題にしろ、すべては石原都政の尻拭いばかりです。(いずれも、本当に尻拭いをさせられているのは、都民ですが!)
石原都政は4期の悪政でしたが、都民の4分の3が支持し続けました。
彼がしたことは新銀行東京など、ある意味ではめちゃくちゃでした。(いろいろな意味で今のトランプ現象に酷似!?)
しかし、それを支えていたのは選挙民でした。(これも、アメリカの今と同じ!)
これほど、「現代とはどういう時代か。」「現代人の精神世界はどうなっているのか(何にどう影響を受けているのか)」にぴったりしたテーマはないのではないでしょうか?
そして、大なり小なり、この構造が日本中に散らばっている時代だと思います。東京だけが特別なのではなく。
のように。


2017年2月7日火曜日

新刊案内


ギヴァーのコミュニティーに住む人たち=日本社会に住む人たち に送る本です。

ギヴァーのコミュニティーには、記憶、愛、動物、色などがありません。家族のコミュニケーションも、型どおりの反省会的なものがあるだけです。家族の絆があるとは思えません。

私たちの社会には、記憶や愛や動物や色はありますが、コミュニケーションはギヴァーのコミュニティーと同じぐらいに、悩んでいるのではないでしょうか?
職場で、家庭で、友人関係で。(そして、そのレベルの練習がなされないので、「体制」というか社会とのコミュニケーションも極めて貧弱です。)

「好奇心あふれたオープンな質問」がカギという点では、一昨年の『たった一つを変えるだけ』の続編的な位置づけです。

本のタイトルは、『好奇心のパワー』
副題は、ずばり「コミュニケーションが変わる」

 (ギヴァーの読者には、割引がありますので、giverprojectjapan@gmail.comへ連絡ください。)

2017年1月28日土曜日

世界の最強コーチによる奇跡のレッスン ~ ハンドボール編


前回紹介したのは、スウェーデンの教科書でしたが、
今回は、デンマークのハンドボール(+教育)です。
両者の間には、共通点ばかりです。

ポイントは、「楽しい」と「自分で考える」と「コミュニケーション」と「質問する」。
これらが、日本の授業にはもちろん、スポーツ(部活)にもないのです。

これまでたくさんの競技でのコーチが登場しましたが、今回ほど授業との関連を意識したコーチはいませんでした。
実際に中学校の授業参観をし、教えている先生たちに質問までしてしまいました!!

基本的には、部活で子どもたちがしている体験=授業の体験であることが鮮明にわかります。
そして、残念ながら、日本における両者でいいところを見つけること自体が難しいこともわかります。

NHK 世界の最強コーチによる奇跡のレッスン ~ ハンドボール編は、必見です。
(特に、前編の3日目に授業参観が紹介されています。)

2017年1月15日日曜日

『ギヴァー』と関連のある本 117


『スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む』ヨーラン・スバネリッド著を読みました。

 社会とは何か? そしてその中の自分とは何で、どういうふうに行動するのがいいのかを考えさせてくれます。★ 

それに対して、日本の社会科の教科書は、知識のオンパレードだけで、考えさせるということは皆無です。(サブタイトルに、「日本の大学生は何を感じたのか」とあり、その大学生たちが言っていることですから、間違いありません!) 

考えさせない教育があり、その結果としての社会がある、へんに納得してしまいます。 

別な言い方をすれば、教えるべきことを教える国と、教えるべきことをあえて教えない国の違い、ということになります。   



★ そこには、必ずしも正解はないかもしれません。(ない方が多いと思います。)しかし、考えることこそが大切なんだと思います。しかし、日本の教育では「正解のないものは教えられません」ということになっています。すべてがすべて、試験を中心に教育が行われているとことの結果です。


2017年1月12日木曜日

『ムハマド・ユヌス自伝』を読む


友人の高校の先生・吉沢郁生さんが、『ムハマド・ユヌス自伝』を読んだ感想を送ってくれたので紹介します。私がグラミン銀行のことを知ったのは、1980年代の半ばでした。そのころは開発NGOに関わっていたからです。コミュニティづくり(国づくり)を考える上で、とても参考になるのではないかと思います。

---------------------------------

 私が子供のころ、家は雑貨商と不動産業を営む商店でした。店を大きくするにはお金が必要です。父は毎月まとまった金額を銀行に預金しつづけていました。どうしてそんなことをするのか父に聞くと、「信用を作るためだよ。お金を借りるには信用がいるからね。銀行はお金のある人にお金を貸すんだ」と父は答えました。
 銀行はお金がある人にお金を貸す。お金がない人にはお金を貸さない。幼い私にはこの理屈が腑に落ちませんでした。なのに、大人になって、いつしかこの理屈を常識として受け入れ、慣れ親しんでしまっています。
 この常識に挑戦したのが、ムハマド・ユヌスでした。『ムハマド・ユヌス自伝(上)(下)』(ムハマド・ユヌス&アラン・ジョリ著、猪熊弘子訳、ハヤカワノンフィクション文庫, 2015)はそんな彼の思想と行動を伝えてくれます。
 米国の大学で博士号を取り、故国バングラデシュに戻って大学の教職についたユヌスが目にしたのは、飢餓と貧困にあえぐおびただしい人々の現実でした。ユヌスは経済学の理論が、目の前の貧しい人々を救うのに何の役にも立たないことに無力感を覚えます。ユヌスは村に入り、村人たちの現実を知ることから始めます。そして、貧しい人々に少額の融資を行なう試みを始めます。これがやがてグラミン銀行の創設につながります。
 今日マイクロクレジットと呼ばれて世界に広まっているシステムを開発したヌユスの業績はすばらしいものですが、私がこの本を読んで感銘を受けたのは、その業績の底にある人間に対する洞察力、人間を信じる力です。具体的に二つのことを取り上げましょう。

 一つは、お金を借りる側の人たちの自立に関わっています。ユヌスは次のように言います。(注1

 私たちはゆっくりと、独自の貸付―回収メカニズムを作り上げた。(中略)私たちは、事業を成功させるための鍵は、借りる人々にグループを組んでもらうことであるとわかった。
 貧しい人々は一人だと、あらゆる種類の危険にさらされていると感じてしまう。だがグループの一員になることで、守られているという感覚を得られるのだ。個人として見ると、気まぐれで、態度がはっきりしない人もいる。しかし、グループの一員になれば、グループの支援が得られ、同時にグループからの圧力も受ける。
さまざまな仲間からの圧力を受けながら、グループの一人ひとりは、クレジット・プログラムのより大きな目標に向かって、仲間と同調して歩んでいけるのだ。
  (中略)
 グループの力学というのは重要だ。というのも、ローンが認められるためにはグループの全メンバーの賛成が必要であり、その仮定で、グループはローンに対する道徳的責任を感じるようになるからだ。だから、グループの中で問題に直面したメンバーが現れたら、そのグループは一丸となって、その人の問題を前向きに解決しようとするようになる。
  (中略)
 そして借り手のグループというのは、こちらでメンバーを決めて組んでやるのではなく、自分で探してきたメンバーと組むようにすることも決めた。そこで話し合いが行われれば、グループの連帯責任もより強くなるだろう。

 グラミン銀行からお金を借りるには、グループを組んでくれる人を探してこなければならない。こんな高いハードルを設けて大丈夫なのか、と思ってしまいます。しかしユヌスは安易にだれかれとなくクレジットを与えることはしません。ゆっくりと、このハードルを越えてグラミンに参加する人たちを育てていくのです。
 ヌユスは言います。「私たちは女性たちが自らグループを組織し、自らの手でローン計画をたてることこそ大切だと考えている。私たちは自覚を強めたり、リーダーシップを育てるというようなことが、クレジットを交付するよりも先に行なわれるべきだと思っている。」

 もう一つは、お金を貸す側、つまりグラミン銀行のスタッフがどのように村人の信頼を得るかに関わっています。ユヌスは、グラミンの職員は、「勤勉で献身的な銀行員」でなければならないと言います。その言葉だけ聞くと、がむしゃらに働く銀行マンを想像してしまいますが、ユヌスの発想はまったく違います。 
 まず、ある村にグラミン銀行の支店を出すことが決まると、その支店長となる人は、アソシエイト・マネージャー(新しい支店を設立する権限をもった訓練中のスタッフ)と一緒に、その村に行きます。しかし、二人のためのオフィスや泊まる場所があらかじめあるわけではありません。知り合いも紹介者もいません。二人は廃屋や学校の寮、地方議会の事務室などにすみかを見つけます。食事は自分たちで作り、村人から食事の提供はうけません。そして毎日その地域を何マイルも歩き回り、村人に話しかけ、グラミン銀行のシステムについて説明し、村人の疑問に答えます。
 最初のうち、村人たちはそんな二人が銀行の幹部だとは思いません。ところが、二人が修士号を持っている人物で、貧しい村に喜んで住み着き、地元のことを深く理解していることに次第に気づいていきます。そして、二人が個人の利益のためではなく、貧しい人々を助けるために来たのだと認めるようになります。(注2

 支店を出すことを急がないのです。支店を出す前に、その村にグラミンのスタッフが受け入れられること。そのために、勤勉で献身的な姿を見せること。そして村人たちとつながること。それが大切なのだというのがユヌスの信念です。
 人は人とのつながりの中で生きています。人とのつながりの中で、個としての責任があり、連帯することの意味があり、信頼が生まれます。それが社会を支えていく最も根源的な力なのだということを、教えられました。


注1 『ムハマド・ユヌス自伝(上)』230231ページ
注2 『ムハマド・ユヌス自伝(下)』3135ページ